宇賀田直人 デザイン

この夏も『MOMATコレクション』、そして藤田嗣治特集

zakki
tweet | | permalink
scribble_151006_1

昨年すっかり魅了された東京国立近代美術館の常設展『MOMATコレクション』。今年も楽しみにしていた「誰がためにたたかう?」は8月に足を運び、前回にも増してその内容に深く感銘を受ける。日本画セクションにすら据えられた戦争画の構成や各作品キャプションからも伝わってくる担当学芸員の熱意こそ、美術館の力であるとも強く思う。奇しくもこの夏に安保法制問題が紛糾していたこともあわせ、多くの人にとって近代美術から戦争と歴史について考えを膨らませるカンフルにもなっていたであろう。通年企画として、なんて思うのは我が儘だけれども、この季節の恒例として続いて欲しい。

scribble_151006_2

吉岡堅二「椅子による女」(1931)。今年、最も惹きつけられたのは吉岡堅二によるいくつかの日本画作品。勉強不足のまま歳を重ねてしまっても、ふと気になる機会ができたり、蒸し暑い夏の日に空調の効いた広い空間でこんなにしっとりと美しい作品を鑑賞できることはとても気持ちが良い。

その時にもいくつかの作品展示があり、予告も目にしていたので9月から開催の「特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示。」にももちろん足を運ぶ。大きなキャンバスに描かれた戦争画14点という数からもたいへんな見ごたえ。特に戦争後期の作品群は誇張を恐れない画面構成に加え、全体が非常に低い明度のトーンで占められ図録などでの製版印刷ではなかなか再現しづらく、鑑賞でしか得られないものばかり。

真面目にふむふむと足を進めていたら「Soldier rescuing Indonesian civilians」(1944) で、テーブルの上に描かれたウイスキーボトルOld Parrをみつける。世界の絵画でラベルが判別できる初めて描かれたスコッチウイスキーは何だろう?と調べてみたくなったのは、昨年末からすっかりスコットランドと日本のウイスキーのとりこになっているせい。

当時の雑誌での発言も丁寧にフォローされていて、その国家と戦争への姿勢を考えると作家以前に一個人としてなんだかなあという感覚をまたもや抱く。しかし常設展全体としては10室での靉光による「眼のある風景」(1938) など作品数点が、藤田の作品や言葉と対比させているように感じられ、少しだけホッとするような気持ちになった。特集展示は2015年12月13日まで。

scribble_151006_3

簡易なカタログ。フライヤーやカタログのメインビジュアルで採用されている写真を踏まえて、2Fエレベーター前でいつもクスっとしてしまう田中功起の映像インスタレーション作品を見るのも面白いと思う。

scribble_151006_4

田中功起「一つのプロジェクト、七つの箱と行為、美術館にて」(2012) を食い入るように観ていた女の子。