宇賀田直人 デザイン

感激酒場 2009年・春

zakki
tweet | | permalink

以下順不同リスト。

中目黒・藤八さん
20代のころ宴会などで何度か訪れていたが、ニセ酒場部(メンバー2人・以下ニセ酒)のKさんが「中目黒あたりで呑(や)りましょう」ということで久々に再訪。以前は呑んでいなかったホッピーに、金宮焼酎、美味しい肴と合わせこんなに幸せを感じるとは。同じくバイトちゃんたちにも謎の驚愕を覚える。

新橋・大露路さん
ニセ酒に、本物酒場部のあのお方と! なんだか楽しく盛り上がったようで…不気味にうふふ。テーブル4つくらいのとてもコンパクトなお店。この後流れてふと開拓した“深夜食堂”のお店も良かったなあ。

浅草橋・やまとさん
テーブルとか備え付けのガスコンロとか、大衆酒場然とした店内。お安いのにボリューミーな鍋もの。土曜日はサービス価格でお酒メニューがさらにお安くなるそうで…!

三軒茶屋・赤鬼さん
以前から日本酒が凄いと噂には聞いていたお店に、毎年年賀状の交換はしているものの3〜4年振りに呑めることになった同じ歳の友人Tくんに連れていってもらった。そんな、なんだか条件が良すぎたせいとかなんとか、フレッシュでフルーティだけど旨・旨・旨口な生酒を、旬のものの肴を一緒にカッコンカッコン頂いてしまったら、すっかり久々に贅沢な酔っぱらい様に。また行きたいけれど、その前にもっと働かないと! という自覚を自営業者には思い出させてくれる涙の銘店。Tくんに大感謝、また呑むぜい。

門前仲町・魚三酒場さん
強烈! まず大女将のおかあさんから喝(かぁ〜つ)を頂く! 酒(1杯180円)のグラスの形も含め、京成立石・宇ち多゛さんを思い出す江戸っ子ちゃきちゃきの魚介酒場。女将さんは意外とフォローしてくれたりするが、ぎゅうぎゅうに詰まったお客さんも地元の方たちかどうか、とにかくちゃきちゃき! 大量の短冊メニューで悩んでいたら目がチカチカした。本当にお安くてボリューミーなので1人呑みでは全然食べられない。2人か、予約して宴会が吉かな? 1F(2Fも?)はWコの字カウンター。

月島・岸田屋さん
急に良い流れで行けてしまった。以前から叫んでいた暖簾の意匠とエイジングに大感激。完璧なデザインだなあ。10分程並び、残念ながら壁側席だったけれども目の前頭上にサントリー角ハイボールのポスターを発見! 3件目だったのもあって丁度良いタイミングでの角ハイにまたもや大・大・大感激。古いお店なのに酎ハイもあるし若者が困ることもない意外な程のお酒の揃い。お隣のお客さんが煮込みを頼まれていたので、ではこちらは肉どうふを、という生来のあまのじゃくが要らん大活躍をして、その後すぐに煮込みがヤマに…涙。しかしこちらのお店も女将さんを筆頭に娘さん息子さん(?)たちの気遣いが本当に素晴らしい。若い方たちも多いし、ずっとずっと続いて欲しい。なんだか周りのもんじゃ焼き屋さんのあまりの多さも加えてか、想像以上の観光地を感じてしまった点は仕方がないことか…って同じく観光客の自分が言うな! という話。季節が良かったせいか門前仲町〜月島で気持ち良い散歩も出来た。

堀切菖蒲園・小島屋さん
以前きよしさん、喜楽さんに伺い下町ハイボールを堪能出来てすっかり気に入り、再訪した堀切菖蒲園。こちらの近辺に多い、元祖ハイボールを看板にうたう。凹字カウンター。おかあさんやおとうさんの接客も優しさ溢れ好印象。この後絶品シロタレを目指しのんきさんに向かうもお休みで涙。次回こそは…!

町屋・亀田さん
都営荒川線沿い。改装されたてのような小奇麗さというか清潔感。もつ焼き串も1本80円(だったかな?)から、ハイボールはじめのお酒も充実、お座敷席もあって当然ご近所の方たちの人気居酒屋と化しているような。なぜだか京都に住んでいた時の宴会場、一乗寺・金ちゃんを思い出す。L字カウンター。焼き場担当のお若い店主さん?がまた好印象で素晴らしい。

王子・山田屋さん
今年伺った酒場の中で最高感激値をマーク! 初訪問時にニセ酒が余りに感激しすぎてしまい、一週間後に再訪してしまったという王子を代表する大衆酒場! というか朝からお昼も営業されているので大衆食堂兼酒場、か。学校の教室のような天井が高くて広いテーブル席だけの店内は強烈な開放感と、おそらくご近所の常連の先輩方(というかおじいちゃん)の静かでユルリとした空気が本当に本当に堪らない。お勘定の仕組みとか、グッときてしまうポイントが色々。

十条・斎藤酒場さん
こちらもテーブル席のみ、相席標準の古い大衆酒場。山田屋さんの後だったか、時間も20時ごろでピークタイムのワイワイガヤガヤな店内。良い雰囲気だった…がボンヤリした記憶が浮遊するのみ。「今宵は酒場部」に載っていたエピソードのほうがまだ記憶に強いので、今度はしっかりと体感したい。

赤羽・丸健水産さん
おでん種屋さんの立ち呑み屋さん。小さなアーケード内にあったり、おでんのお出汁が薄口で、京成立石・二毛作さんと双璧?ぐらいの美味しさ。呑ん兵衛のおにいさん達の集まりから、おやつ代わりに立ち寄ったお子さん連れのおとうさんまで、夕暮れ過ぎあたりの意外にゆる〜い空気が最高。次は絶対に練り物をおみやで買っていきたい。

赤羽・米山さん
赤羽にしては開店時間が遅いもつ焼き屋さん。ディープ! 土曜日だったので刺しものは無かったけれど、ホッピーと一緒にひと串ずつ頂く焼きものは絶品。L字カウンター+外のテーブル席で、春/秋シーズンはとても気持ち良い(酔い)お店。

気持ちの良い季節のおかげか集中しすぎたので、真夏の頃まではしばらく自粛期間に突入中。

[番外編]
家ハイ(自宅で呑むウイスキーハイボールの略称)用に色々とウイスキーを試し中。CP(コスト・パフォーマンスの略称)が最も重要。呑みながら読んでいる本に、”ハイボール”の表記があるだけでニヤニヤしてしまう。ニッカの余市、シングルモルトだけあって芳香がやや上品かな?美味しかった。でもハイボールには合わないのかな…。そしてなぜかイラストレーターの服部あさ美さんに薦めてもらったアイリッシュのJamesonを先日発見。これがスッキリ、少しスモーキーで呑みやすくとても美味しかった。ありがとう服部さん! 同じくイラストレーターの原田治さんブログのこの記事も好き。青いJohn Begg、すごく良いデザイン。しかしもう買えないみたい…。