宇賀田直人 デザイン

わたしは元気です

zakki
tweet | | permalink

3月11日に発生した大地震による災害で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。あわせて被災された皆様に心からお見舞い申し上げると同時に、今でも避難されている方々や、救援活動および社会インフラの復旧に努めていらっしゃる方々の健康や安全と、一日も早い日常生活の復旧、復興を願うばかりです。

自分はといえば初めて経験した大きな揺れには動揺し、心が挫けかけました。しかし幸運なことになんとか怪我や被害もなく、地震の日以降も元気に生活や仕事を行うことが出来ています。しかし災害にあわれた方たちの為に何も出来ない無力な自分を再確認しました。何も出来ない。それでもいつも通りの日常を暗くだんまりと過ごすよりは元気でいるうちは明るく過ごそうと心がけ、それが後々元気の無い人たちや自分達の将来に少しでもよく作用するのではないかと信じる毎日です。

インターネット上では以前から利用していたtwitterをはじめとするソーシャル・ネットワークにより、多くの友人や知人たちの安否を知ることになり安堵をしたり、また元気をもらうことが出来ました。日常生活と同じくこういった場での発言も暗いものにならないように(多少躁状態だったり不安が漏れてしまうこともありつつ…)投稿を、また多くの人たちの意見や考えを見ることが可能な場で、他者への「寛容」の気持ちをこれまで以上に保つことも心がけています。

そして今回の出来事がきっかけとなりこういった現代の「仕組み」が、ここ20年ほどで一気に閉塞感が充満した社会構造や、我々自身が綱渡り的におざなりにしていた様々な「安全」への価値や判断基準を大きく、また開放的に変えることを願って止みません。この社会に参加している我々自身もさらに思考を深め行動に移していくことが必要だと痛感しています。

色々と予定されていたイベントなども、楽しみにしていたものが延期や中止となると少し寂しい思いもします。そんな中13日の日曜日には参加しているアトリエ・エーは予定通り無事に行われ、多くの子どもたちや親御さん、スタッフの方々と会うことが出来、いつも通りの皆の笑顔に大きな元気を頂くことが出来ました。まだ余震により油断の出来ない状態ではあるかもしれませんが、心配の無い範囲で人に出会え、顔を合わせられるイベントがあるのは幸せなことです。またこういった状況の中飲食店や小売店が頑張って営業されていることに尊敬の念を抱きます。身近な経済が停滞することないよう、いつも以上に意識をして利用出来るよう努力できればと考えています。

あらためて日々を生きられること、それが家族や周りの多くの人達に支えられていることのなんと尊い事か。この気持ちを今後も忘れず大切にしていきたい。

どうか少しでも多くの人たちにいつもの笑顔が戻りますように。